ブログ
Blog
学習資料掲示板
2021.04.25

韓国語の助詞「-만」「-뿐」「-밖에」の使い分けは?

韓国語の助詞「-만」「-뿐」「-밖에」はそれぞれ似たような意味をもっていますが、一体どのように区別して使えば良いのでしょうか?特に「-만」「-뿐」は どちらも「-だけ」という意味ですが、同じ意味ということは使い方も一緒?なのでしょうか?

だが、使い方は全く違うんです!では、どう違うんでしょうか?どういう時、どういう動詞と一緒に使ったら良いのでしょう。実は後ろにつく動詞によってどれを使うかが決まるのです。では、以下にそれについて説明します。

1.「-만」は動詞に関係なく使えます。

例文)

어제는 하루 종일 영화 봤어요.
(昨日は一日中映画だけ見てました。)

 먹고 살 순 없잖아요.
(パンだけ食べて暮らすのは不可能でしょう。)

2.「-뿐」は「-이다/아니다」

「-뿐」は「-이다/아니다」と一緒にでないと使うことができません。

例文)

너한테는 남자친구이지?
(君は彼氏だけが全てしょう?)

 아니라 신발도 샀습니다.
(服だけではなく、靴も買いました。)

3.「-밖에」「否定動詞」

「-밖에」「-しか」と訳すことができます。後ろには必ず否定的な意味をもつ動詞が来ます

例文)

밖에 없지?
(僕しかいないだろう?)

잘생긴 남자 보러 갔는데 여자밖에 안 보였어요.
(ハンサムな男性を見に行ったけど、女性しかいなかったのです。)

4.どれを使う?

「-만」「-뿐」「-밖에」どれを使うかによって後ろに付く動詞が異なります。

例えば、4人で遊びに行く待ち合わせをしたのに一人がまだ来ていません。その人に電話して、「今来ていないのはあなただけだよ!」と言いたいのです。その時はどう言えば良いのでしょう。では、それぞれの使い方を見てみましょう。

1)「-만」

 지금 너 안 왔어!

2)「-뿐」

 지금 안 온 사람, 너이야!

3)「-밖에」

 지금 안 온 사람, 너밖에 없어!

無料体験レッスン
実施中!!