ブログ
Blog
学習資料掲示板
2020.02.19

【韓国語中級文法】「~는가 하면」の使い方は?

あることに対して、

1.さらに他のことを加えて話す場合、そして

2.前のことと後ろのことが対照的な内容の場合使う表現です。

 

★例文を見てみましょう!!

 

1.ある事に対して添加して言う場合の例文。

그는 성실한가 하면 지도력도 있어서 대표 역할을 잘할 거예요.
(彼はまじめで、さらに指導力もあって体表としての役割を十分消化できると思います。)

요즘은 일교차가 심한가 하면 건조해서 감기 환자가 늘고 있어요.
(最近、日較差がひどくさらに、乾燥していて風に引いて患者が増えています。)

 

2.対照的な内容を言う場合の例文。

월말에는 눈코 뜰 새 없이 바쁜가 하면 월초에는 너무 한가해서 심심해요.
(月末には目が回るほど忙しいことに反して月初には暇で退屈です。)

어떤 엄마들은 모유를 고집하는가 하면, 어떤 엄마들은 분유를 고집하기도 합니다.
(母乳を飲ませるお母さんがいることに反して、粉乳をのませるお母さんもいます。)

無料体験レッスン
実施中!!